お役立ち情報

施設を選ぶ基準、知っておくべき知識など、介護のお役立ち情報をご紹介いたします。

認知症になったらどんな老人ホームに行けるのか

認知症が進んだ方が家族の中にいる場合、家族は安心できる介助・介護の元で暮らせる老人ホームへの入居を考えることでしょう。
今回は認知症を患ってる方向けに、認知症の方がどんな老人ホームに行けるのか解説していきます。

認知症の方でも入居できる施設

認知症の方でも入居できる老人ホームにはいくつかあります。
どんな施設に入居できるのか、施設の特徴をご紹介していきましょう。

特別養護老人ホーム(特養)

公的な施設となる特別養護老人ホーム(特養)では老人ホームの中でも比較的入居しやすい特徴を持っています。
要介護3以上から入居が可能であり、特例の認知症患者である場合要介護度は2以下でも入居が可能となる施設が多いです。
施設によって大人数での集団生活となる場合もありますが、少人数でケアを優先していく施設もあるので、検討する際にはケアを基本とする少人数施設を選んでいきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、主に民間事業者が運営しており、バリアフリーが整った賃貸住宅になっています。
個人でできることは行ってもらいながら、介護スタッフの介助サポートにより、手助けをしてもらいながら生活できます。
主には自立できる人から軽度の要介護高齢者を受け入れている体制にはなりますが、認知症の方の入居も受け入れている施設も多くあります。

グループホーム(認知症対応型生活介護)

5人から9人を1グループとして生活するグループホーム(認知症対応型生活介護)は、認知症ケアの専門職員が介助しつつ、自身が行える力を活かして生活していく場です。
雰囲気は家庭的なところが多く、ご自宅にいたような気分で入居ができるでしょう。
近年は看取りまでの体制を整えてきているグループホームが増えているので、より一層認知症の方の入居も増えています。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは多くの施設が介護職員の他に、リハビリ専門員や看護師が揃っており医療職も配備されているので、安心して介護を任せることができます。
施設ではレクリレーションやサークル活動が盛んに行われているので、趣味を全うできるため人気は高いです。

認知症を患っているからと言っても認知症患者が入居できる老人ホームはたくさんあります。
施設によって介護の方法や介護に携わる人数に違いがあるので、入居を検討する際にはよく確認してください。
認知症の方が生き甲斐を感じられる老人ホームを選びましょう。

静岡県の老人ホーム・介護施設検索
お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
しずなび介護なび しずなび介護なびへのお問い合わせはお気軽に♪

専門相談員への入居相談・見学予約は全て無料

0120-651-816受付時間 9:30 - 18:00
メールで
お問い合わせ
PAGE
TOP