お役立ち情報

静岡で老人ホーム・介護施設を選ぶ基準、知っておくと役に立つ知識などをご紹介いたします。

レスパイトケアで介護者の負担を軽減し、介護疲れをケア

公開日:

介護者をケアするサービスの「レスパイトケア」という言葉を聞いたことはありませんか。
介護は長期間に及ぶため、定期的に休息や休みを取らないと、介護者が介護疲れでダウンしてしまい介護ができなくなってしまいます。
本記事では、レスパイトケアの概要や具体的なサービス、課題について解説します。
介護疲れで悩んでいる方にとって役立つ内容となっているため、ご一読ください。

介護する側のケア「レスパイトケア」とは

「レスパイトケア」は介護者本人の休息のことです。

レスパイト(respite)とは休息や小休止という意味で、「レスパイトケア」は介護者本人の休息のことです。
在宅介護は身体的な疲れだけではなく、精神にも負担が掛かります。
身体的にも精神的にも疲れが溜まってしまうと、介護者自身がダウンしてしまうことも珍しくありません。
介護者自身が介護の負担に耐えかねると、介護うつになってしまうなど、今後の介護に支障をきたしてしまいます。

介護者である、あなたの休息が一番大事で必要です

介護者である、あなたの休息が一番大事で必要です

「介護者は休んではいけない」と思っていませんか?
大丈夫です。
介護する人も共倒れになると、介護は続きません。
自分自身も健康でいることで、良い環境が生まれます。
レスパイトケアするためのサービスを紹介しますので、ご自身にあったサービスを見つけてください。

レスパイトケア「介護保険適用」で受けられる3種類の介護サービス

「介護保険適用」で受けられる3種類の介護サービス

「介護保険」の適用を受けられるレスパイトケアは、下記3つです。
介護者の状況や目的に応じて、使い分けてください。

  • ショートステイ
  • デイサービス
  • 訪問介護

また「介護保険」ではなく「医療保険」適用で「レスパイト入院」という選択肢もあります。

ショートステイ

ショートステイとは、自宅での介護が一定期間できなくなった場合に、自宅での介護ができない期間だけ、要介護者を老人ホームや介護施設に入所させるサービスのことです。

ショートステイには、「短期入所生活介護」「短期入所療養介護」の2つがあり、サービスの内容が下記のように異なります。

短期入所生活介護

介護スタッフによる日常生活上の支援や機能訓練、レクリエーションなどのサービスが受けられます。

短期入所療養介護

介護スタッフ以外にも医師や看護師がおり、リハビリや医療ケアなどの医療サービスが受けることが可能です。
短期入所生活介護と同様に、日常生活上の支援などのサービスも受けられます。

介護保険のショートステイは、要介護1〜5の認定を受けている方が対象です。

静岡県のショートステイ可能な施設一覧

デイサービス

デイサービスとは、施設に入所せず日帰りで利用できる通所介護を受けられるサービスのことです。
基本的に送迎バスや送迎車があるため、利用者の家族が送迎をする必要はありません。
施設では食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上のサービスを提供します。

要支援1〜2・要介護1〜5の認定を受けている人が対象です。

静岡県のデイサービス可能な施設一覧

要介護認定は、基本的に65歳以上を対象としていますが、40歳以上65歳未満の医療保険加入者で特定疾病を抱えている方の場合も要介護認定の申請ができます。

訪問介護

訪問介護とは、訪問介護員(ホームヘルパー)などが利用者の自宅を直接訪問して、「身体介護」や「生活援助」が受けられるサービスのことです。

身体介護

食事や排泄・入浴・更衣・歩行・服薬などの介助のことです。

生活援助

身体介護以外の掃除、洗濯、調理などの日常生活の援助のことです。
要介護1〜5の認定を受けた方が対象者です。

静岡県の訪問介護可能な施設一覧

レスパイト入院

レスパイト入院とは、在宅介護・医療を受けている方やご家族や介護者の休養を目的とした2週間以内の短期入院のことです。
介護者の突然の事故・介護者の病気・ケガ・冠婚葬祭等での在宅療養が困難な場合に利用できます。

レスパイト入院では食事や排せつ・更衣・入浴などの介助と必要な医療管理に加えて、身体の状態によってはリハビリを受けることが可能です。
基本的には検査や他科受診などは行いませんが、緊急時などは医師の判断により診察や検査を受けられます。

医師からの要請がある方や、介護保険によるショートステイの利用が困難な方、在宅で医療機器等を利用し常時医療的管理や介助が必要な方が対象です。

福祉用具や介護用品、介護用食品を利用する

福祉用具を使用することで自立した生活を促し、介護者の負担を軽減できます。

介護サービスを利用するだけがケアではありません。
直接の緩和ではないですが、福祉用具を使用することで自立した生活を促し、介護者の負担を軽減できます。

ここでは、下記2つの方法を紹介します。

  • 福祉用具のレンタル
  • 福祉用具の購入

福祉用具のレンタル

保険でレンタルできる福祉用具は、下記の通りです。

  • 車椅子
  • 車いすの付属品
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台の付属品
  • 床ずれ防止寝具
  • 体位変換器
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト(つり具の部分を除く)
  • 自動排泄処理装置

上記の福祉用具は、誰でもご利用できるものと、要介護度によって限られるものがあります。
利用できる福祉用具が判断がつかない場合は、ケアマネジャーなどの専門家に相談してください。

福祉用具のレンタル・購入についての記事『介護用品の手すりはレンタルできる?手すりの種類と選び方』

福祉用具の購入

販売の対象は下記の通りです。

  • 腰掛便座
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具部分

要介護度に応じて販売できるものが異なるため、事前にケアマネジャーなどの専門家に相談することをおすすめします。

仲間を作る

介護をしている家族同士が交流して悩み相談や情報交換を

介護をしている家族同士が交流して悩み相談や情報交換を目的とした「家族介護者の会」が全国各地にあるのをご存じでしょうか。
行政やNPO法人等が主催となった団体や、「つどい」「家族会」といった名前を変えたものもあり、認知症介護などの悩みに特化している団体もあります。
月に1回程度集まる団体や、毎週のようにイベントを開催している団体もあるため、ご自身の生活に合ったものを探してみましょう。

家族みんなでの介護を心がける

家族全員が介護に関心を持つことが大切です。

家族全員が介護に関心を持つことが大切です。
誰かが中心となって介護を行うこととなっても、他の家族も自分に何ができるかを話し合って介護を家族全員で行えるようにしましょう。
普段から家族でよく話し合い、介護者が孤独にならないようにすることが理想です。

介護される側の気持ちも理解する

介護される側の気持ちも理解する

今まで自分で出来ていたことができなくなる。
介護をしてもらう申し訳なさや情けなさがストレスとなり、時には怒りとなって介護者に当たってしまうことがあるかもしれません。
介護される側の気持ちを知ることは、良い関係をつくることにつながり、結果、介護者の精神的負担の軽減になることもあります。

保険適応外で負担軽減できるサービスもある

保険適応外で負担軽減できるサービスもある

家事代行サービス

代わりにお掃除や炊事・洗濯をはじめとした「一般的な家事全般」を代行するサービスが家事代行サービスです。
専門的な知識・技術を有した業者が道具などを持参して代行してくれるサービスとは違い、
「家事代行」は、一般的な家事経験を持つスタッフが、お宅にある洗剤や道具をお借りしてお掃除します。
主に、一般的な家事ならば幅広く対応できるのが家事代行の魅力です。
家事代行サービスの魅力は、時間を有効に使え、さらにいつも生活環境がきれいだということです。

洗濯代行サービス

溜まった洗濯物を洗ってくれるサービスです。
家事に介護で洗濯まで手が回りきらないことも。
洗濯物を長期間放置していると汚れの定着、菌の繁殖などのリスクもあります。
洗濯代行は丁寧にたたんでくれるところまでしてくれるので人気が集まっています。

配食サービス

配食サービスとは、食事を自宅まで配達してくれる有料の民間サービスです。
普通食だけでなく、塩分やカロリー・栄養面に配慮した食事や、やわらかさなどに配慮した食事の取り扱いをしている事業者もあります。
金額やメニュー、宅配可能エリア等の詳細事項は事業者により異なります。

レスパイトケアの課題

ここまでレスパイトケアの必要性についてご紹介してきました。またレスパイトケアが出来る環境も発展してきています。
しかし、レスパイトケアは普及していません。それはレスパイトケアには根本的な課題があるからです。

介護者が休むことをためらう

介護する方に多いのは責任感が強い方です。
余暇のためにレスパイトケアをすることに罪悪感を感じてしまいます。
介護を放棄して旅行や休暇を取ることがサボっていると思ってしまい、休むことをためらってしまいます。
しかし、介護者が倒れてしまうと、介護する人がいなくなり、共倒れになってしまいます。
そうならないためにもレスパイトケアして介護者も健康である必要があります。
責任感の強い方は負担を一身に背負ってしまう恐れがあるからこそ、しっかり利用してもらわなければなりません。

ショートステイの予約がとれない

高齢者の増加と介護施設の不足から、ショートステイの利用待ちも増えている状況です。
ショートステイのリピーターもあることから利用できないこともあります。
特に年末年始やGWなどの長期休暇などは混雑しやすくなります。
ショートステイできる介護施設を探すことにも時間がかかり、負担になることもあります。
静岡でショートステイができる介護施設をお探しならしずなびから探すこともできます。

静岡県のショートステイができる介護施設一覧

まとめ

最後にレスパイトケアの課題で紹介したように、まだまだ普及していません。
介護者が頑張りすぎて共倒れにならないように、レスパイトケアを取り入れることをおすすめします。
デイサービスやショートステイを利用するとしても、条件に合う施設を探すのは時間もかかります。
施設紹介のプロに相談して、うまく時間を作りながら条件に合う施設を探すこともおすすめです。
静岡で施設をお探しならしずなびへお気軽にご相談ください。

しずなび介護なび 相談員
静岡で老人ホーム・介護施設の入居についてお困りの際は、しずなび介護なび しずなび介護なび 静岡セキスイハイム不動産株式会社までお気軽にお問い合わせください。

しずなび介護なび 静岡セキスイハイム不動産株式会社

静岡県密着!創業29年。地域一番の情報量 静岡県の老人ホーム・介護施設なら、どんな老人ホーム・介護施設でもご紹介可能です。老人ホーム・介護施設内の雰囲気や空室情報にいたるまでどんなことでもご相談下さい。

お問い合わせ先 0120-651-816

静岡県の老人ホーム・介護施設検索

関連する記事

お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
ご相談からご入居まで
相談料・紹介料すべて0円!
ご相談からご入居まで相談料・紹介料すべて0円
静岡県の老人ホーム検索はしずなび介護なびへ 施設を探す場合はこちらから
PAGE
TOP