お役立ち情報

静岡で老人ホーム・介護施設を選ぶ基準、知っておくと役に立つ知識などをご紹介いたします。

老人ホーム 民間と公的機関のメリット・デメリット

公開日:

老人ホームは、民間団体か公共団体かという運営母体で二分することができます
ここでいう公共団体とは一般的に社会福祉法人を指します。
民間施設、公共施設ともにメリットおよびデメリットが存在するので、一度確認していきましょう。

民間施設

介護付き有料老人ホーム住宅型老人ホーム など)

◎民間施設のメリット

介護付き有料老人ホームでは24時間体制での手厚いケアが受けられます
また、レクリエーションなども行われ、介護以外のサービスも充実していることが多いです。
住宅型老人ホームでは必要なサービスを外部から選択して利用することができます。
今まで利用していたケアマネジャーなどに継続して依頼をすることも可能です。
自立度が高い方が多く、レクリエーションやイベントなども積極的に行われています。

全国に数多く施設が存在するので比較的入居しやすく、さらに自立した方から要介護の方まで、体の状態に合わせて幅広く選択肢があるのもメリットと言えるでしょう。

△民間施設のデメリット

サービスが充実している代わりに、入居金や利用料が高額になる場合があります。
また、介護付き有料老人ホームでは、希望があっても外部のデイサービスなどは利用できません。
住宅型老人ホームのスタッフは基本的に介護ケアを行わないので、介護度が高くなったり、医療が必要な場合は継続して入居することが難しくなります。

公共施設

(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設など)

◎公共施設のメリット

入居一時金がなく、基本的に月々の利用料金も安いことが挙げられます。
また、特別養護老人ホームは長期入所が前提のため、終身まで利用可能な点もメリットの一つです。
介護老人保健施設は医療ケアの体制が整っていて、リハビリのための手厚い支援を行ってもらえます。

△公共施設のデメリット

基本的に相部屋になることが多く、プライベートが確保できない場合があります。
介護老人保健施設では、入居可能期間が決まっているので期限が来たら即刻退所しなければなりません。
特別養護老人ホームは費用が抑えられることから入居希望者が殺到しており、いつ入れるかわからない状態です。
そのため介護を必要としてから特別養護老人ホームを選ぶとなると、すぐに入居できない可能性もあります。

 

公共施設を運営している社会福祉法人は、国からの補助金を受けているため、やはり入居費用の面で大きな違いを生むようです。
これらのメリット・デメリットをよく理解した上で、満足のいく入居生活ができるように施設選びを進めましょう。

しずなび介護なび 相談員
静岡で老人ホーム・介護施設の入居についてお困りの際は、しずなび介護なび 米田 起久枝までお気軽にお問い合わせください。

米田 起久枝

静岡県の老人ホーム・介護施設検索
お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
しずなび介護なび しずなび介護なびへのお問い合わせはお気軽に♪

専門相談員への入居相談・見学予約は全て無料

0120-651-816受付時間 9:30 - 18:00
メールで
お問い合わせ
PAGE
TOP