お役立ち情報

静岡で老人ホーム・介護施設を選ぶ基準、知っておくと役に立つ知識などをご紹介いたします。

老人ホームが抱える課題について

公開日:

老人ホームは高齢者が住み慣れた住宅や家族と離れて生活を送る場所ですが、その老人ホームは今、課題が山積みの状態となっています。

老人ホームは、どのような課題を抱えているのでしょうか?

 

2025年問題

皆さんは「2025年問題」をご存じでしょうか?

日本の総人口は2008年が最もピークで1億2808万人を記録しましたが、2016年以降徐々に減少傾向にあり、その比率も若年層よりも高齢者が増えていくといった結果になっています。

高齢化率も7%以上の高齢化社会から14%以上の高齢社会となっていき、高齢社会になるまでフランスは115年、スウェーデンは85年かかったのですが、日本はわずか24年という驚異的なスピードで進んで行ったことがわかります。

また2025年には、75歳以上の人口が全人口の18%以上を占めると言われていて、これを支える15歳~64歳までの世代が減少していくことがわかります。

これによって老人ホームでも多くの課題を抱える結果につながっています。

 

老人ホームが抱える課題とは

老人ホームでは、どのような課題を抱えているのでしょうか?

入居待ちの増加

老人ホームは施設にもよりますが、人気のある施設だと入居することがなかなかできず、入居待ちの状態が半年以上もしくは数年間継続されることがあります。

また高齢社会になっていくと、高齢者の人数が増えていき、それに伴って入居待ちの人数も増えていくことが予想されています。

介護職員の不足

老人ホームの入居者が増えることで、介護するスタッフを増員しなければなりませんが、日本の若年層の人口減少に伴いもちろん介護スタッフも常に人手の状態となっています。

そのため職員がいなければ、施設の入居者を受け入れられない状態が継続していき、悪循環になっていきます。

入居者の重度化

高齢社会になるにつれて、入居希望の高齢者の重度化も進んでいき、老人ホームでは医療ケアの必要な入居者が増えていくことも予想されています

医療ケアが必要になると医師や看護師も今以上に必要となり、それができない施設には受け入れることもできなくなってしまいます。

老人ホームではスタッフの人手不足や医師不足などの大きな問題が発生していますが、どれも高齢社会になってしまったことが原因かもしれません。

必要とされていながらも、受け入れができない状態が継続されれば、結局入居待ちの時間が長くなってしまうだけです。

老人ホームスタッフのサポートや、ケアも同時に行わなければ、老人ホームが抱える課題は減らないでしょう。

しずなび介護なび 相談員
静岡で老人ホーム・介護施設の入居についてお困りの際は、しずなび介護なび 安間 文俊までお気軽にお問い合わせください。

安間 文俊

静岡県の老人ホーム・介護施設検索
お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
しずなび介護なび しずなび介護なびへのお問い合わせはお気軽に♪

専門相談員への入居相談・見学予約は全て無料

0120-651-816受付時間 9:30 - 18:00
メールで
お問い合わせ
PAGE
TOP