お役立ち情報

静岡で老人ホーム・介護施設を選ぶ基準、知っておくと役に立つ知識などをご紹介いたします。

老人ホームで働くスタッフの離職率を下げるには

公開日:

老人ホームは人手が少なく、離職率を少しでも下げたいと思っている施設は多いかと思います。
老人ホームで働く介護スタッフが辞めてしまう理由は様々ですが、

離職率を下げるためにするべきことがあるのでしょうか。
今回は、老人ホームで働くスタッフの離職率を下げるためのポイントを紹介します。

ライフステージに応じて働き方を変えることができる

介護スタッフの離職率が低い老人ホームでは、

ライフステージの変化に応じて働き方を変えることができるケースが多いと言えます。
パートの人でも介護福祉士を取得し夜勤ができるなどの条件が揃えば正社員になることができたり、

正社員の人でも育児や介護などで夜勤ができなくなってしまったらパートとして働くことができるということです。
このような働き方を推奨している老人ホームでは、

介護スタッフのモチベーションも上がりやすく、勤続年数も長くなる傾向があります。

利用者も介護スタッフも過ごしやすい環境を作る

近年ではユニットケアを導入している老人ホームが多くなり、

利用者一人ひとりに向き合ってケアができるような体制を取っています。
そのような老人ホームでは介護スタッフの業務が従来型の老人ホームと比べて流れ作業的になりにくく、

利用者にとっても介護スタッフにとっても過ごしやすい環境を作ることができています。
また、過ごしやすい環境が整っていると介護スタッフ同士の関係も良好に保ちやすく、

利用者に対しても適切なケアを行いやすくなっていくのです。
環境が良くない老人ホームでは、離職率が高くなり人材も育っていきません。
それは利用者にとっても良くない環境を作り出してしまう原因になるので、

労働環境を整えるのは離職率を下げるために大切なポイントと言えるでしょう。

見直すべきポイント

老人ホームを辞めてしまった人の多くは、人間関係や給与、夜勤など職場に関する不満を抱えています。
不満をどこかに伝えることができれば改善につながった可能性もありますが、

どこへ伝えるべきかもわからないまま我慢が限界に達してしまったということです。
老人ホームで働く介護スタッフの離職率を下げるためには、

スタッフの仕事量に見合っている給与を出すことができているか、

昇給などできちんと評価する体制が整っているのか、

働きやすい環境を作ることができているのかという点を見直す必要があるかもしれません。

老人ホームで働く介護スタッフは、介護職にやりがいと誇りを持っている人が多くいます。
そのようなスタッフがきちんと評価され、新人スタッフからベテランスタッフまで働きやすい職場であることが

離職率を下げるために必要になるでしょう。

男性介護職員のイラスト

しずなび介護なび 相談員
静岡で老人ホーム・介護施設の入居についてお困りの際は、しずなび介護なび 安間 文俊までお気軽にお問い合わせください。

安間 文俊

静岡県の老人ホーム・介護施設検索
お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
しずなび介護なび しずなび介護なびへのお問い合わせはお気軽に♪

専門相談員への入居相談・見学予約は全て無料

0120-651-816受付時間 9:30 - 18:00
メールで
お問い合わせ
PAGE
TOP