お役立ち情報

静岡で老人ホーム・介護施設を選ぶ基準、知っておくと役に立つ知識などをご紹介いたします。

老人ホームで酒・たばこ可能施設はありますか?

老人ホームでは、酒やたばこが禁止されているというイメージを持つ方も多いですが、入居してもこれまでと同じように嗜好品を楽しみたい方もいるでしょう。
では、実際に飲酒や喫煙が認められている老人ホームはあるのでしょうか?
今回は、飲酒や喫煙などの嗜好品が認められる場合は、どのようなケースなのかご紹介していきます。

飲酒は健康上に問題がなければOK

実は、嗜好品の1つである飲酒を認めている老人ホームは多いと言われています。
しかし、主治医に相談して健康状態を見ながら飲酒可能かどうかを決めているので、必ず認められるとは限りません。
老人ホームは介護サービスを受ける施設ですが、これまでの暮らしと変わらない生活の提供を心掛けていることもあり、主治医から禁酒の指示がなければ飲酒可能なのです。
ただ、飲酒の量には注意し、飲み過ぎでケガをしたり他の入居者に迷惑をかけたりしないようにしなければなりません。
また、老人ホームによってはリビングやレストランは禁酒で、居室のみが飲酒可能としている施設もあります。
施設によってルールが違うため、あらかじめ老人ホームに嗜好品の取り扱いルールを確認しておくと良いでしょう。

喫煙スペースがある施設は少ない

飲酒と同じく、健康上に問題がなければ喫煙も可能であり、喫煙スペースを設けている老人ホームもあります。
しかし、喫煙スペースは屋外に設置されることが多く、老人ホーム内の居室やリビングで自由に喫煙できる施設は少ないです。
防火上の問題に加えて、たばこの匂いを苦手とする入居者への配慮や、受動喫煙の健康被害を防止する意味で施設内を禁煙としています。
健康状態を見ながら喫煙の量を決めている施設もあり、たばこやライターをスタッフが管理しているケースもあるのです。
老人ホームごとにルールが設けられているので、飲酒のルールと合わせて施設に確認しておきましょう。
また、介護度が高くなり自分で買い物に行けなくなった場合、介護保険の買い物代行サービスを利用することになります。
買い物代代行サービスは、基本的に日常生活で必要なものを購入するために使われますが、たばこの購入については制限しているケースもあるため、制限の有無や購入方法などについてもあらかじめ相談しておくと安心です。

老人ホームでは、酒やたばこなどの嗜好品であっても、ルールに従えば楽しむことができると分かりました。
ただ、施設によって酒・たばこに対する制限やルール、対応の仕方が異なるので、直接老人ホームに問い合わせてみると良いでしょう。
いくつかの施設を比較して、自分が納得できる施設を検討してみてはいかがでしょうか?

静岡県の老人ホーム・介護施設検索
お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
しずなび介護なび しずなび介護なびへのお問い合わせはお気軽に♪

専門相談員への入居相談・見学予約は全て無料

0120-651-816受付時間 9:30 - 18:00
メールで
お問い合わせ
PAGE
TOP