お役立ち情報

静岡で老人ホーム・介護施設を選ぶ基準、知っておくと役に立つ知識などをご紹介いたします。

老人ホームは夫婦で入れるのか!?

高齢化が進む今、生涯の住み家として老後は老人ホームへの入居を考えている方も多いでしょう。
その際、今の生活と同じように夫婦で入居して共に生活をすることはできるのでしょうか。

老人ホームに夫婦で入居できる施設・難しい施設をご紹介します。

 

夫婦で入居できる施設

・民間の老人ホームは、施設により条件や入居基準によって違いますが夫婦で入居できる場合があります。

【介護サービスを行っている介護付き有料老人ホーム】

契約の時に満65歳以上であること」や「介護を要する方は要介護認定を受けている」という入居基準があります。

【介護サービスを行っていない住宅型老人ホーム】

「自立した生活が送れるか」、「満60歳以上か」などが入居の条件になります。

なお、認知症やその度合いによって異なる場合があるので注意が必要です。

夫婦共条件を満たしていれば同じ施設に入居が可能になりますが、夫婦同室かは施設によって異なります。

もう一つ挙げられるのは【サービス付き高齢者向け住宅】

この施設は、賃貸住宅であり、生活の相談や安全確認などのサービスが受けられ、近年は夫婦向けに作られた物件も増えています。

ただし、老人ホームのような介護を行う施設ではなく、あくまで「住宅」という施設であるため介護が必要な方や生活する上で補助が必要な方の入居は難しいでしょう。

 

夫婦での入居が難しい施設

【特別養護老人ホーム(特養)】は低費用のため人気があります。

しかし、特養には「要介護度3以上の認定を受けている」という原則が定められているため、
夫婦で入居をする場合2人とも要介護度3以上の認定を受けている必要があります。
また、特養の部屋割りは基本相部屋か個室となっているため夫婦で同じ部屋というのは難しいでしょう。
さらに、夫婦別の部屋であっても、特養は人気があることに加え要介護度によって入居順位が決まるため、夫婦で同時に入居できる可能性は低いでしょう。

 

 


夫婦で一緒に老人ホームに入居することは、今と環境が違っても一緒にいることで安心感が得られます。
お互いが自立した夫婦であれば、お互いに身元保証人になることで施設への入居がスムーズに行える点も良いところでしょう。

また、どちらかが亡くなってしまった場合、退去する必要はなく今までの施設に住み続けることが可能です。
夫婦で入居する際は、お互いの条件や性格を十分に話し合った上で、お互いが心地よく暮らせる施設を選ぶことが円満に夫婦で暮らしていく秘訣になるでしょう。

 

静岡県の老人ホーム・介護施設検索
お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
しずなび介護なび しずなび介護なびへのお問い合わせはお気軽に♪

専門相談員への入居相談・見学予約は全て無料

0120-651-816受付時間 9:30 - 18:00
メールで
お問い合わせ
PAGE
TOP