お役立ち情報

静岡で老人ホーム・介護施設を選ぶ基準、知っておくと役に立つ知識などをご紹介いたします。

認知症の方が入居可能な老人ホーム

公開日:

認知症の方が入居可能な老人ホームは全国的にもたくさん存在します。
どのような施設が認知症の方を受け入れているのでしょうか。

こちらの記事では、認知症の方が入居可能な老人ホームについてご紹介します。

 

 

グループホーム

グループホームは「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれる施設です。

グループホームは認知症の方を対象に「入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活の世話及び機能訓練を行う」と定義される施設です。

5~9人の少人数のユニットで共同生活を行い、専門スタッフの援助を受けながら、

家庭的な環境で自立した生活を送り精神的な安定を図ることを通して認知症の進行を遅らせることを目標としています。

―対象者・入居の条件―

  • 要支援2以上
  • 原則65歳以上の認知症高齢者
  • 医師により認知症の診断を受けていること
  • 施設がある自治体に住民票があること
  • 集団生活に支障がないこと など

グループホームでは「料理や洗濯などの生活全般を、スタッフに援助してもらいながら高齢者自身が行う自立した生活が基本」となり、それが認知症の進行を緩和させることにつながります。
仮に、認知症以外の様々な症状の高齢者が混在する老人ホームでは、認知症ケアが行き届かないケースがあるかもしれません。
しかし、グループホームには認知症ケアに特化したスタッフが常駐しており、認知症に詳しいスタッフに安心してケアを任せることができるでしょう
さらに、グループホームは自治体に住民票があることが入居条件であり、地域密着型の施設です。
住み慣れた土地で同じ地域の人たちと生活することで、ストレスが軽減される側面もあると言えます。

 

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは通称「特養」と呼ばれます。

在宅での生活が困難になった高齢者が、原則として終身にわたって介護が受けられます。

公共性が高い施設で、単身者や低所得者、緊急度の高い方が優先されます。

従来型は個室ではなく施設全体での介護が主流でしたが、最近は「個室のユニット型」を取り入れた介護を行っている施設もあります。

―対象者―

  • 原則要介護度3以上の高齢者
  • 原則65歳以上

 


この他、認知症が軽度の場合は様々な種類の老人ホームに入居できる場合があります。
夫婦どちらかが認知症になった夫婦が入居できる2人部屋の老人ホームや、夜間や緊急時に看護スタッフが24時間対応する体制の施設もあります
あるいは閑静な住宅街にある老人ホームや、外部講師を招き認知症を緩和させる目的のアクティビティを企画している施設もあります。
このように認知症の重症度によっては入居可能な老人ホームは様々です。

各施設に相談しながら入居先を検討しましょう。

しずなび介護なび 相談員
静岡で老人ホーム・介護施設の入居についてお困りの際は、しずなび介護なび 米田 起久枝までお気軽にお問い合わせください。

米田 起久枝

静岡県の老人ホーム・介護施設検索
お役立ち情報一覧へ戻る

介護お役立ち情報

介護のお役立ち情報一覧

介護施設ブログ

介護施設ブログ一覧を見る
しずなび介護なび しずなび介護なびへのお問い合わせはお気軽に♪

専門相談員への入居相談・見学予約は全て無料

0120-651-816受付時間 9:30 - 18:00
メールで
お問い合わせ
PAGE
TOP